トレンドグアム旅行

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > 業者との媒介契約は3ヶ月間と決まっている

業者との媒介契約は3ヶ月間と決まっている

最近は、不動産仲介業者の数が増えています。

 

上手に業者を選ぶコツとしては、ネットの一括査定サイトを使います。

 

査定結果をくれた業者を比較し、納得できる査定額をくれた業者に実際の現地査定を行ってもらいます。

 

詳細な査定内容や、細かい質問にも納得できる説明をくれる不動産仲介業者であれば、良心的な業者だと言えるでしょう。

 

反対に査定額が高額であろうとも、こちらが素人だからと質問にも適当に答えたり、何度も契約を迫ってくるところは選択肢から除外しましょう。

 

住宅売却を考えているのでしたら、まず近隣同種の不動産価格を知っておくと良いでしょう。

 

買った時の値段で高かろうと見積もっていても、相場は時価ですから過去の額はアテになりません。

 

バブル的な好景気ならまだしも、不動産がお金を生む時代ではない現在では、思ったような価格で売れるとは限りません。

 

いまはいくら位の相場なのかをよく調べて、現実に則した価格を設定すべきです。

 

実際には不動産一括査定サイトなどで相場を知る人が多いようです。

 

労力や精神的なストレスがかかるだけでなく、売主と仲介業者の媒介契約により、支払わなければいけない手数料は住宅を売る際にネックになる可能性もあります。

 

手数料を半分に分け、残りの支払いは売却後でも可能な業者もありますが、物件の価格いかんで手数料が100万円を超える場合もあります。

 

そのほか、家を売ったことにより収入があれば、所得税や住民税がかかってくることもあります。

 

転居はもちろん、場合によっては不要品の処分費などもかかりますから、支出の計算はしっかりしておきましょう。

 

住宅を売る際、もしローンの残債が残っているなら、売却云々の前に全額繰上げ返済しなければいけません。

 

不可能であれば、ローンの貸主である金融機関と交渉した上で、特例として任意売却の許可を得るのです。

 

個人で任意売却の手続きをするのは簡単ではありませんから、弁護士や任意売却を専門にしている業者に相談し、債権者と交渉してもらう方が早いですし確実です。

 

居宅を売却する流れというと、売買を仲介する業者を選択、物件の評価、販売価格の設定、業者と媒介契約を締結し、プロモーション開始、見学者が来て、買手の価格交渉等に応じ、最後に売買契約書を交わし、精算と引渡しをして完了です。

 

所要時間については、売り値によって買手のつき方も違うので一概には言えません。

 

業者との媒介契約は3ヶ月間と決まっているので、金額が妥当であれば、一度延長して半年で済むのが普通です。

家族にバレずにカードローンでお金を借りる